糖質制限

糖質制限をするダイエットは、体重を落とすという点では、かなり効果が高いように思います。

 

ご存知の通り、糖質は大変優れたエネルギー源です。日常生活で使うことができれば問題ないですが、使われないと体の中に一番保存されやすい方法で蓄積されます。それが脂肪なのです。糖質の多量摂取とそれに見合わない運動量であれば、太るのも無理ありません。
そのような糖質の性質を知っていると、糖質を制限したくなりますね。

 

しかし、糖質制限にも危険性があることを知っておかねばなりません。
糖質を制限することによって、1日の摂取カロリーが大幅に減ります。生命維持のために体は常にカロリーを消費しています。多くは摂取したものからですが、摂取したものが少ないと、体に貯蔵された糖質、筋肉、脂肪からカロリーを生み出します。

 

そうして痩せていくのですが、驚くべきは、脂肪が燃焼されカロリーを生み出すのは、筋肉を削って削っての後からだということです。外見上ではあまりわかりませんが、体内では筋肉が少なくなり、脂肪も少なくなっていっているのです。筋肉が少なくなれば、1日の消費カロリーが減っていきます。それは人の消費カロリーの多くは筋肉からだからです。
過度な糖質制限により体重が減るということは、筋肉量を減らし、その人が持っていた1日の消費カロリーを減らすということです。そのようなダイエットを続けると、だんだん痩せにくくなり、太りやすい体になっていきます。そのような危険が糖質制限にはあります。

 

ですから、過度に糖質制限だけをせず、少し筋力トレーニングをすることをお勧めします。