糖質

過度に糖質を制限し過ぎないこと

糖質制限ダイエットは確かに体重を減らすことはできるのですが、過度に糖質を制限したり、まったく糖質をとらないようにすると、必ずリバウンドが来ます。

 

それだけではなく、かなり痩せにくい体質になりますので、糖質を全く摂らないやり方は絶対にやってはいけません。

 

もし、糖質を減らすのであれば、夕飯の時の白米の量を少し減らしてみるとか、そうしたことからはじめると良いかもしれません。その限度を超えてしまうと、飢餓状態になって痩せにくい体になってしまいます。

 

それと、もし白米の量を減らしたいと考えているようであれば、まずは清涼飲料水の量を減らしてみると良いと思います。清涼飲料水には大量の砂糖が含まれていますので、これが太る要因になっています。白米などの炭水化物を減らしたいと考えるのであれば、まずは清涼飲料水の量を減らして、水分補給をする際には水をしっかりと摂取することをおすすめします。水分補給のために清涼飲料水を飲もうとするから、ダイエットに結局失敗してしまうのです。

 

清涼飲料水の量を減らすだけでも、糖質制限ダイエットとして効果はあるかと思いますので、まずはそこから実践してみるべきです。無理のない範囲でダイエットを行うべきです。